お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夢見る病気』豊原ね子

夢見る病気 みちしるべの〈3〉 著者:豊原ね子

〈ご挨拶〉
 こんぬつわ。作者でつ。
 昨日、おそらく誰もが知っている某『A』で始まる複合型商業施設に牛乳を買いに行ったところ、なぜかその通路が小さいお祭りコーナーになっていた。金魚すくいやヨーヨーつりなんかがありました。わーい^^
 お客さんを満足させるためか(?)、ポイの紙がやたら丈夫だった。どんくさい私でも金魚が七匹掬えた。スーパーボールに至っては十個以上取れた。丈夫すぎだ。
 結局スーパーボールを五個、金魚を二匹お持ち帰り。
 スーパーボールを水槽に入れ、金魚は飼い猫におもちゃとして与えておきました。
 はい。
 逆ですのでご安心を。
 牛乳は買いそびれた。
スポンサーサイト
プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。