お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夢見る病気』豊原ね子

夢見る病気 みちしるべの〈5〉 著者:豊原ね子

〈ご挨拶〉
 こんぬつわ。投稿者の豊原ね子略してとよねでございます。先日兄がものを食べているほうからやたらクチャクチャ音がするので「口閉じて食え!」と振り向いて言ったら猫が水を飲んでいる音でした本当にありがとうございました。

〈謝辞〉
 スランプですと言ったきり更新がグダグダになっております。待っていてくださる方にはまことに申し訳ない状態です。
 ちょっと前まで、書くどころか読むのもダメ、自分が書いたのを見返すなどトンデモナイという状況でした。とにかく日本語を目にすること自体が苦痛で、本屋に行って本の表紙を眺めても、そこに書いてあるタイトルの意味が三回読んでも理解できないという有り様でした。
 今はだいぶマシになってきています。
 三題噺を無理矢理にでも書いたのはいい荒治療だったかもしれません。
 お題提供者のクロミミねーさん、ありがとう。
 第二章ももうすぐ終わりですので、もうしばらくのお付き合いをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。