お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹の子書房用:黒実 操

【三面推理・名画の謎、解明か?・探偵Side】黒実操著


「あんまりこんなことは言いたくないんだが、若い人がそんなことではいけない」
 丸眼鏡の巡査が、ニコニコしながら耳に痛いことを言う。俺の記憶が正しければ、五回目のループだ。
何を隠そう、俺は駅員にこの交番へと突き出されてしまった。
 推理に熱中するあまり列車を乗り過ごしてしまった挙句、所持金では差額が払えず――駅員に持っていた小銭を取り上げられたが、全然足りなかったのだ。
プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。