お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みきり作品 吉野慧

投稿作品『骨』 著者:吉野慧


風が、とてもゆっくりと部屋の隅へと延びていく。
自分の場所がなくなるようで、なんだか窮屈な気持ちになった。

窓の外を眺めると、雨が忙しなく地面を叩きつけていた。
細かな粒が土を穿ち、埃を巻く光景は恐ろしかった。
スポンサーサイト
プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。