お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みきり作品 吉野慧

投稿作品『雨』 著者:吉野慧

この村では、雨が降ると大量の死体が溢れる。理由は知れない。

 私がこの村に移って来たばかりの時に、酷い豪雨が三日も続いた。
 雨があがると町の人たちは黙々と各家々から、ぐったりと魂を身体から洗い流されてしまった死体を担ぎ出して家の前に寝かせ始めた。
 直ぐに道の至るところで死体が寝はじめた。その眠り方がどれも安からで、生きて死体を担ぎ出している人間の方が精気の抜けた、死んだような顔つきをしていて、一体誰が死んでいて、誰が死んでいないのか、さっぱりわからない。死体が出された家は、どれもどんよりと歪んで見えた。
 暫くすると、真っ白な法衣を纏った坊主たちが現れて、寝ている死体をトラックに乗せてどこかへ走って行ってしまった。見送るものは誰もいなかった。
 
 私は不気味というよりは、非常に不安な気持ちになって、早くこの村から出たくなったのだが、まだ仕事が残っているので出るわけにはいかない。雨なんて日常的に降るものなのに、どうしてここの人間は絶えないのだろう。それとも、もはや絶える寸前なのだろうか。
 
 
 移ってもう一カ月経った。雨はあれから降っていない。仕事も終盤に近付き、間も無く帰り支度も始めなければと思っていると、遠く尾根の方から雷が鳴き出した。空は色を瞬く間に変え、辺りには湿気が発ちこめた。
 あぁ、雨が降る。それはつまりまた人が死ぬという事だ。
 
 私は気味が悪いので、宿から一歩も出まいと、部屋の片隅で窓を背にしてずっとパイプを燻らしていた。
 すると、宿の女将が私を訪ねてきた。飯にはまだ早い。
「どうなさりました。何か用でも御座いましたか」女将を見て、私はぎょっとした。豊満な美しさだった女将の顔は、痩せ細って骸骨のようになっている。
 女将は口をパクパクさせて「いえ、それが大変申し上げにくい事なのですが、主人が亡くなってしまいまして…私一人ではとても運び切れないもので、是非貴方様の手をお借りしたいのでございます」と、か細い音を喉から発した。
 気味が悪いし、これ以上村に関わりたくないのが本心であったが、気味が悪いので嫌だ、と断るわけにもいかず、私は下に降りて宿の主人を運ぶ手伝いをした。
 玄関まで運ぶと、雨が止むまで座って待つことにした。重いぬるぬるした雰囲気の中で、女将は死んだ様な顔で息をして、主人は恍惚の笑みで死んでいる。女将は主人を運んだ時に着物がずれて透き通った細い肩が肌蹴ていた。
 
 私は女将に聞いてみた「この村では、雨が降ると、何故こんなにも人が死ぬのですか」
「…雨は洗い流します。苦悩や、あるいは罪さえも。生き続けることは呪縛です。不幸です」女将は主人を怨めしく睨みながら云った。艶かしい肩を顕わにしたまま睨んでいた。
 
 雨が止み外に主人を寝かせた後、私は耐え難い疲労を無理して直ぐに支度をし、未だ終わっていない仕事もそのままに宿を出た。しかし、あれだけ雨が降ったのに、村から出る途中、外に寝かせてある死体は主人のそれ以外に一つもなかったのは奇妙である。
 
 不思議に思って道の途中で立ち止まったが、私はすぐに考えるのを止めて歩みを続けた。
Comment

こんばんは!

初めまして。こちらで長編の連載をさせていただいている、投稿者の豊原ね子と申します(「豊原」か「とよね」で構いません)。
よろしくお願いします!

雨、読ませていただきました。
いいですね。何ていうか、場面じたいにひきつける力があって、それを支える価値観が生きている。
文章がとても好みです。

とよねさん、コメントありがとうございます。
自分の文体と云うか、書きたいこと文章で表現したいことと云うのは、まだまだ模索中です。そんな中で多少漱石や芥川を意識して、日本風の非日常性の中での人間心理を少しだけ入れ書いてみたのがこの『雨』です。

未熟な表現と思考しか持ち合わせていませんが、自分もこの作品は気にいっています。

ご参加くださいまして、ありがとうございます!

吉野さま、こんにちは。管理人のクロミミです。

じっくり読ませる力のある文体と雰囲気に、
文豪怪談と同じ香りを感じました。速読を許さない文章、
知らず噛みしめるように読んでおりました。

「歩みを続けた」というラストに、
この先の主人公の運命を幾通りも想像させられております。


ご参加いただき、本当にありがとうございます。
よろしかったら、これをご縁に、ご交流いただけると嬉しいです。

読んで、そして載せて下さってありがとうございます。

はい!また良いものがあったら投稿させていただきます。是非『ミシンと蝙蝠傘との解剖台の上での偶然の出会い』にも遊びに来て下さい。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。