お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹の子書房用:黒実 操

竹の子書房 絵が先『皆まで言うな』。 黒実操著

【事実(あったること)】



 真夏。晴天。
 照り返す日光が痛いくらいだというのに、濡れ縁から一歩入ると、じっとりと暗い。
 八畳のその部屋。奥に行くに連れ、広がる闇の粒子は細かく濃く垂れ込めて、今がまだ真昼間(まっぴるま)だということを、忘れさせる。
 女が一人、縫い物をしていた。明るい場所が目の前にあるというのに、廊下の襖の前、薄暗い場所で器用に針を操っている。
 ほとほとと、襖を訪(おとな)う者。
 女の神経が、音の方向へと走る。しかしその手は緩まず、むしろ運針は早くなる。
 糸しごきをしながら、軽く咳払いをした。耳から項(うなじ)にかけて、すっと緊張の糸が張られる。
「■■■、■■■■■」
 細い声が、何やら囁いた。気付きながらも女は縫い物を続け、最後に玉結びを作り、目立つ大きな左の糸切り歯で、最後の始末をゆっくりと施した。

 九州の、とある山間(やまあい)の小さな村。
 女は、庄屋の屋敷の女中だった。八重(やえ)と名乗った。
 鄙(ひな)には稀(まれ)な婀娜(あだ)っぽい顔付きが、その仕事には全く相応(ふさわ)しくない。
 日暮れてから、その八重と庄屋の息子が連れ立っているのを、多くの村人が目撃していた。隠れる努力などしていないようだった。
 女の容色も手伝って、良からぬ噂は静かに、実(まこと)しやかに浸透する。それでも、村人にとって庄屋というものは畏怖の対象だ。陰口の域を越えるものにはならない。
 八重は、去年の今頃には、すでに屋敷で働いていた。
 言葉に、隠しきれない関西訛りがあった。
 庄屋の一人息子は、昨年春まで大阪に遊学していた。
「ばってん」
 口がさない村人達は、こっそりと陰でこう言い合った。
「妙(みょう)なか素性の女(おなご)ば、家(うち)に上(あ)ぐっどか?」
「どっか、良かとこの娘さんじゃなかと。息子ン子に惚れてから、押しかけてきたとか」
「んにゃ、あの顔ば見てみ。あるは素人の顔じゃなかよ」
 庄屋の家の、他の女中や窯焚(かまた)きに尋ねても、八重の素性を語る者はいなかった。
 ただ一度だけ、振舞われた酒に気を良くした、八重より少し年嵩(としかさ)の女中が、故郷の言葉丸出しに喋った。
「八重がお坊ちゃまと? ああ、そら、私の口からは言えんじ。じゃけんど……。庄屋様とお坊ちゃまは、よく似ちょるやろが。後ろ姿なんか、うちでん、たまァに間違えるじ」
 意味深に上目を遣い、口元を隠して忍び笑った。厭な笑い方だった。
 話の内容もだが、その女中の薄気味悪い様子を、皆はよく記憶している。
 娯楽に飢えた村ではあったが、判らないことが多すぎるうえに、正解が出ないことが面白くない。村人が詮索にも飽き果て、八重の存在が自然と村に溶け込んできた、この真夏に事件は起きた。

 炎天下。
 首無し死体が見つかった。
 頭部を切り落とされ、傷口が乾ききった女の身体だった。
 村の道祖神の後ろに、四肢を投げ出して転がっていたそれは、八重が好んで着ていた臙脂色(えんじいろ)の銘仙(めいせん)を纏(まと)っていた。膝が抜けたその着物に、村人の誰もが彼女を連想する。
 若い者が、庄屋の家に走った。
 警官などいないこの村では、庄屋がその役目を兼ねていた。しかし、その門も木戸も固く閉ざされ、どれほど呼ばわっても応答はない。
 あからさまな異常。
 だが示し合わせるまでもなく、主だった村人達は沈黙を守ると決めた。麓の町の警察に駆け込むことを禁じたのだ。
 もしも警察が絡んで、事件が明るみに出たらなどと、考えるだけでも恐ろしい。騒動は御免だ。
そう。皆は、庄屋の家に疑いを持ってしまったのだ。
 ――首が無くとも、着物が八重のものであったこと。
 ――死体が見つかる一寸(ちょっと)前より、八重の姿を見た者がいないこと。
 ――死体が見つかったその日より、庄屋の息子を見た者がいないこと。
 ――庄屋の家が静まり返り、出入口が閉ざされてしまったこと。
 これらの材料から、早々に村人の大多数が同じ結論に至っていた。

 死体の発見者は、幼い子供達だった。道祖神を終着とした、早駆け遊びに興じていたのだ。
 大人が見ても生涯悪夢に苦しむだろう、紫の肌と乱雑な切り口を晒す首のない女の死体を、お天道様の下(もと)、子供らは見てしまった。
日数(ひかず)が経っても、夜中に痙攣(ひきつけ)を起こす子らがいた。
 怯えの感情は、大人も味わう。
「庄屋さん家(がい)は恐ろしか。息子ン子の惚れとる、八重が邪魔になったったい」
「ばってん、殺さんでん良かろて。首ば切るて。鬼ンごたる」
 肝心の庄屋は、沈黙したままだ。
 息子はもちろん、庄屋本人もその妻も、使用人さえも外出の気配がない。
 ――元々、庄屋の家の人間が村を出歩くことも少なかったので、いつからその姿を見ていないのか、はっきりと言える者はいなかった。例外は息子だけで、死体が見つかる前の晩にふらふらと歩いているところを、小便に立った年寄りに目撃されている。
 首のない女の死体は、寺が引き取り無縁仏として供養した。庄屋の家に持っていこうと息巻く若者もいたのだが、年寄り連中に窘(たしな)められた。
 
「何で、首ば切ったとだろか?」
 その疑問は、当然皆の持つところである。
 首を切って正体を隠す手間を考えれば、着せ替える――、脱がせるだけでもいい。着物で八重だと知らせてどうする。
 女達でさえ井戸端で議論する。
 もちろん、答えなど出ない。
 どんなにもっともらしい案が出ようが、それを確かめる術などない。
 せめて使用人を捕まえようと、目を光らせてる人間もいるが、屋敷の門はおろか、お勝手さえも開かない。
 朝夕に竈(かまど)の煙が上がるのは、確認されている。出入りがなくとも、そこで生活しているのは間違いない。
 この状況が恐ろしい。
 村人たちは挙(こぞ)って、なるほどと、庄屋の家の有罪を頷き合うのだった。

 それから、半月近くが経ったある日の早朝。
 この日も晴天。
 今度は寺の土壁に寄りかかるように座した、首のない女の死体が見つかった。傷口はまだ生々しく、切りたてといってもいいくらいだった。
 発見は、またも子供達であった。道祖神を避け、反対方向にあるこの寺に、わざわざ遊びに来てのこと。
 悲鳴を聞きつけた寺男が、素早く死体を門の中へと運んでいった。子供らは口々に親を呼び、叫びながら、散り散りに逃げ去った。
 たちまちのうちに、寺に村人が押し寄せた。
「お内儀(かみ)様が着物(きもん)たい!」
 死体が纏っていたのは、この辺では確かに庄屋の妻しか持つはずのない、粋(ハイカラ)な色合いのお召(めし)だった。
「んにゃ。こら、おかしか」 
 髭の濃い青年が、大胆にも着物の衿を掴み、ぐっと下げる。
「お内儀様に、何(なん)ばすっと」
 年寄り連中が、声を荒らげる。
「こら、お内儀様じゃなか」
 男はそれを片手で制し、露になった胸元を指差した。
 張りのある乳。死体とはいえ、瑞々しさの残る若い肌。
「見てみ。こら若(わっ)か女(おなご)たい」
 しん、と、場が凍った。
  
 庄屋の家の使用人は、全て余所者だった。
 二十数年前までは、村人を雇っていたのだが、息子が生まれたときを境に、全員に暇が出された。
 おかしな話は、遡(さかのぼ)ればその頃からすでにあった。
 息子が生まれたときに呼ばれた産婆が、その二日後、予告もなしに村を出た。一家揃っての、夜逃げ同然の有様だった。
 産婆一家の出奔と庄屋の家の出産と、更に使用人の総入れ替え。これより庄屋の家の出産に、何らかの不都合があったのではないかとの憶測が生まれた。
 だが、お七夜は無事に行われた。
 惣領息子のお披露目だった。
 その後、すくすくと健康に育つその姿を見る限り、子供に関しての隠し事ではないのだと村人は信じた。
 では何故、産婆は唐突に村を出たのか。使用人を余所者に替えたのか。
 庄屋は隠し事をしている。ただし何かは判らない。
 子供ではないなら、金儲けに繋がる何かだろうと勘繰っても、具体的には何も挙がらない。麓の町から、役人や商売人が朔日(ついたち)にやってくるのが慣わしだったが、それは先代より続いてきたことだ。
 産婆と使用人の問題を除けば、特に変わったことなどなかったのだと、皆は信じたくなった。
 何かがあったとしても、下々(しもじも)には関係のないことだろうと、考えるのをやめた。
 そして、今――。
 さすがに知らぬ振りなど、もう――。

「庄屋様に話ば、せんといかん」
 議論を尽くしたのち、そう結論が出た。朔日まで待てば、麓から役人が来るではないかと止める者もいた。が、若い者らを中心に一刻も早く事実を知りたいとの声が高まったのだ。その多くは、死体を見てしまった子供らの親だ。
 町から警官を呼ぼうと息巻いた者もいたが、賛同はされなかった。真実は知りたし、事を大きくしたくはなし。庄屋を断罪して、結果、この村が潰れる羽目になるのは避けたいことなのだ。
 先送りに過ぎないという勇ましい声は、黙殺された。
 二転三転の話し合いだった。
 まずは庄屋の妻が、八重殺しの犯人だと決め付けられた。
 母親が、息子から引き離す意図で、八重を始末した。そして自分に疑いがかからぬように着物を変えて、殺されたのは自分でございという筋書きを施したのではないか。
 己には学があると自負する年寄りが、得意顔をする。
 当然最初に現れた、八重の着物を着た女の死体はどうなると反論が出る。
 あのときは禄に検分などしていない。しかも死んでから時間が経っていた節がある。若いか中年かさえ、見ただけでは判らない状態だった。
 では、こういう考えはどうだ。
 息子は八重に唆(そそのか)され、邪魔な母親を殺した。八重に疑いがかからないよう、死体を身代わりに使う。首を切り、死体が痛むのを待ち、八重の着物を着せて人目に付くように捨てる。
 しかし日が経つに連れ、八重のことが恐ろしくなった息子は、彼女を殺す。だが八重は、すでに死んだことになっている。だから再度、首を切り、母親の着物を着せて人目に付くように捨てた。
 辻褄は合う。 
 だが、男が女の着物をそう簡単に着せることができるだろうか。死体の身嗜(みだしな)みは、きっちりとしていた。
 手伝った女がいるということに、なる。
 ――他の使用人はどうしているのだろうか。
 老境に差し掛かった窯焚き男が一人と、中年の女中が一人、八重より少し年嵩の女中が一人。誰も村を出た様子はない。未だ屋敷にいるはずだ。
 待て。
 何より、庄屋本人はどうしている。
 この状況を、どう見ているのだ。
 皆で跡継ぎ息子をかばおうと、沈黙しているというのか?
 いや、無理がある。
 ならば息子の手によって、他の使用人や庄屋本人も殺されているのでは。息子は父親によく似て小柄で華奢な男なのだが、自棄(やけ)になり我を忘れたとしたら、そのくらいの所業は可能だと思われた。そして死体は屋敷の敷地内に――、
 待て。
 だったら女の死体を表に出したのは、何故だ。
 女の、それが八重であれ庄屋の妻であれ、その死を村中に知らしめることに、一体何の意味があるというのだ。
 誰も説明できない。学があると自負する例の年寄りでさえ、黙り込んだ。
 ――説明などできない。
 皆、ここで考えることをやめた。厭になったのだ。
 この村は、とっくに倦(う)んでいた。
 
 訪問するのは、かつて庄屋に仕えていた者の中から、窯焚きだった老人と、女中頭だった老女とした。
 塀のすぐ外に青年たちを待機させる。物騒なことだが、手には長い棒。鎌を持ってきた者もいた。
「暴るるなら、大変(たいせつ)だけん。用心ばせんと」
「なんかあったら、すぅぐ大声ば出すとよ」
「俺(おる)達が飛んでくけんな」
村人達が、これほどにまで団結したのは初めてかもしれなかった。
庄屋の家は、寺と同じように土塀に囲まれている。その長い塀に沿って、村人達がひたひたと列を作って歩いている。
 この日も晴天。炎天下。刻(とき)は午後二時に差し掛かったくらいだ。直談判に行く二人は、日の高いうちでないと絶対に厭だと主張した。
 八重の着物を着た死体が見つかった日から、雨らしい雨は降っていない。この季節、激しい夕立が降ることが当たり前の土地柄なのだが、この半月というもの纏まった雨はなかった。
 稲や葉物野菜などの作物を心配する声もあったが、首のない女の死体には敵わない。目下の懸念は、全てそちらへと向けられていた。
 だから、土もだが木も――、木でできた家も乾ききっていたことに、注視していた者はいなかった。
 皆が、木戸の前で脚を止めた。ここが勝手口になる。髭の濃い青年が、深呼吸をして取っ手を引いた。
 簡単に開いた。
 顔を見合わせる。
 頷き合う。
 決められていた二人の訪問者が入り口を潜った、そのとき。
「待たんね。こら、何(なん)の臭いね」
 学があると自負する老人が、押しとどめる。
 焦げ臭い。
「見らんね! 煙(けむり)たい」
 かつての女中頭が指差すのは、母屋の外れだ。
「お風呂場の方たい!」
 若い連中が、棒を握りしめて駆け出した。

 お内儀の着物を着た死体に疑問を呈した、あの髭の濃い青年が先頭を行く。
 まだ独り身の彼は、無鉄砲ともいえる勢いのままに走る。自身でも理解しがたい衝動が、身内から突き上げていた。
「ぅおらああぁああああああ!」
 握った長い棒を振り上げる。地面を蹴る。砂埃が舞う。土足で目の前の濡れ縁へと駆け上(のぼ)り、ぎょっとその場で、たたらを踏んだ
 抜けるような青空。強い日差しは、容赦なく首筋を焼く。
 しかしその座敷の中には、闇が鎮座していた。
 八畳のその部屋。奥に行くに連れ、広がる闇の粒子は細かく濃く垂れ込めて、今がまだ真昼間(まっぴるま)だということを、忘れさせる。
 その奥の、丁度襖の前。
 天井から、女の首が、逆さまに下がっていた。
 陽光を拒む一角で、ぼぅと浮かぶ、逆さ首。
 粒子の荒い闇と絡み合うように、長い黒髪が揺れていた。
 婀娜っぽい顔付きの、若い女。その唇がゆっくりと開き、
 ――にこりと笑った。 
 髭の濃いその青年は、立ち竦(すく)む。
 女は、すぅっと真顔に戻る。が、唇が斜めに歪んでいる。左の上唇が上がったままなのだ。ああ、あの大きな糸切り歯に引っかかっているんだなと、彼は察する。
「なんばしよっとや! 火元はあっちたい」
 背後からの不意の大声に、つい、目を離した。
 すぐに視線を戻したが、首は消えていた。
 青年は、土足のまま畳に踏み出した。躊躇(ためら)いはない。首があった場所まで歩き、天井を見上げ、板を棒で突いた。
 かたん。
 何の抵抗もなく、ずれた。

「水、水! 井戸は!」
「入れ物(もん)ば、探さんと」
 母屋の裏手は、轟々と音をたてて燃えていた。確かに、さっきまでは大した燃え方ではなかったのだが、このところの乾燥のせいなのか、あっという間に屋敷全体が炎に呑み込まれようとしている。
 年寄り連中はおろおろと慌てるだけで、役には立たない。腰を抜かす者さえいた。
 女中頭だったという老女が、叫んだ。
「井戸はあっちたい。早(は)よぅ、水ば汲んで!」
 と、それを遮るように、走り込んで来た髭の濃い青年が、棒を振り回しながら叫ぶ。
「こら、無理たい! 逃げんね。死ぬばい!」
 その声と同時に、大きな柱が崩れた。ぶわっと炎が膨らむ。屋根にまで達し、ありえない大きさの陽炎が立つ。
 煙が、村人達の目を喉を刺した。
 限界だった。
 一斉に踵(きびす)を返す。
 背を襲う灼熱はお天道様からのものか、それとも、屋敷を舐める炎が逃がすものかと追い駆けてきているのか。
 若いも年寄りも、男も女もない。転がるように逃げた。わぁわぁと子供のように泣きながら、逃げる者もいた。
 入ってきた木戸から、最後の一人が転げ出たとき、百もの鉄砲が一斉に撃たれたような音がした。
 髭の濃い青年は振り返る。屋敷は右半分が大きく潰れ、朱色に染まっていた。
 ときおり吐き出される真っ黒い煤(すす)と、嘘のように青い空。
 青年は目を閉じ、その光景に、先(せん)に見た逆さ首を重ねる。闇の粒子の中に、ぼぅと浮かぶ女の顔、白く大きな糸切り歯。炎。瞼の裏の美しい地獄絵は、深く深く彼の内に留(とど)まった。

 それからの村は、後始末に追われた。
 大勢の警官や役人が、麓の町よりやって来た。若い連中には、警官を初めて見る者さえいた。主だった年寄りは彼らの対応に追われ、他の者は田畑の仕事、そして庄屋の家の後片付けに精を出した。
 焼け跡からは、生焼けの男女の死体が一体づつと、消し炭のように焼け焦げた死体が二体。計四人分の死体が出た。
 生焼けは、男が窯焚きで、女が中年の女中だった。どうやら油の入った風呂桶に浸け込まれたうえで焼かれたらしいが、上に乗っていた二人が生焼けに終わったようだ。 
 問題は、黒焦げ死体の方である。余りによく焼けていて、男か女かの区別さえ付かない。
 ――庄屋様。
 ――庄屋様の息子ン子。
 ――庄屋様のお内儀様。
 ――八重より一寸年嵩の女中。
 ――八重。
 行方が判らないのは、この五人。
 身元の知れない焼死体が、二体。
 身元の知れない首無し死体が、二体。
 一人、足りない。
 首無しの身体は、間違いなく女だった。警官が墓を暴き、改めて確かめもした。
 痛みが激しすぎるため、麓まで運ぶことは諦めた。墓場での検視の結果、八重の着物を着ていたほうが、庄屋の妻かもしれないということだった。
 警察は、何としても首の在り処(か)を捜さんと、村の中だけに終わらず周囲の山林も探索した。
 しかし、首はおろか、手がかりさえ何ひとつ見つからない。
 ――髭の濃い青年は、あの日見た八重の逆さ首のことを他言しなかった。
   
 そんなある日。夕刻。
 そろそろ遊びやめて家路につこうとしていた幼子達が、見慣れない大人に声をかけられた。
「坊ちゃん、嬢ちゃん、こんにちは」
 くぐもった声だった。
 額に下がる帽子の鍔(つば)で、顔全体が影に覆われていた。瓶の底を思わせる、大きな鏡(レンズ)の眼鏡をかけて、立派な洋服の襟を立てている。この辺では珍しい、自転車を押していた。
 似たような格好の人間が、ここ最近、村へと激しく出入りしていることを、子供らも知っている。
「おっちゃんは、お巡りさんね?」
 虎刈り頭の男の子が、勇気を出して訊いた。
「そうたい、そうたい。坊ちゃんはお利口さんね」
 愛想よく答えてきたが、その声が作り声のようで気味が悪いと、子供ら皆が感じていた。
 不安そうな眼差しを受け流し、大きな眼鏡が子供らの上を巡る。
 一人の女の子を見とめた。
「嬢ちゃんは賢(かしこ)かごたるね。こるば、やろか」
 背負っていた風呂敷包みを下ろして、差し出した。四角い、大きめの箱のようなものが包まれているようだ。
 女の子は、暫く躊躇(ちゅうちょ)する。
「あの、知らん人から、物ば貰(もろ)たらいかんけん」
 と、小さくだがきっぱりと言い、両手を後ろ手に組んだ。
「ふん」
 さも面白くなさそうに、その不気味な大人は鼻を鳴らすと、再び風呂敷を背負い直す。
 そして、幼いながらも意志の強い瞳から、背を向けた。
「バイバイね」
 自転車に跨り、すーっと子供らの脇を通り抜け、去った。
 
 子供らは家に帰ると口々に、今、会った薄気味の悪い【知らない人】のことを親に告げた。
 夜、村中の成人した男が集まり、危険と不安を口にする。
 例の学があると自負する年寄りが、意見を纏め上げる。
「こるは警察に言わんといかん。知らん人間が村に入り込んどったなんか、今までなかったことばい。只でさえ物騒なときだけん。明日、誰か麓に行ってくれんね」
「俺(おる)が行くたい」
 髭の濃い青年が手を挙げた。
 そのとき。
「ん?」
 部屋の北側にいた者達が、天井を見る。
「どんなしたとね?」
「んにゃ、なんか音がしたごたる」
「鼠だろか」
「日照りの続きよるけんね」
 それを盗むように、髭の濃い青年は見遣った。

 翌朝。晴天。
 早朝にも関わらず、すでに汗ばむ暑さだった。
 髭の濃い青年が、麓に行くべく歩いていた。その道の先から、泳ぐように両腕を振り回しつつ走り込んで来る者がいる。
 見た顔だ。
 警官だった。本物だ。
「わっ、くっ、くくく、くっ、」
 呂律(ろれつ)が回っていない。白目を剥きかけている。人に出会ったことさえ、理解出来ていないようだ。
 異常を察した青年は、警官に体当りした。
 脚は止まったが、両手は止まらない。めちゃくちゃに振り回しながら、警官は叫んだ。
「くくく、首! 首、首首ぃひぃぃ!」
 
 その警官は人心地を取り戻すまで、短くはない時間をかけることになった。
 己の職務を思い出すと、息荒く語った。
 村への途中に小川がある。板を渡しただけの橋で充分な、細く浅い川だった。
 この朝、この警官は【八重】を仲介した口入れ屋から取った供述書を手に、村へと急いでいた。予定にはない訪問だった。
 自転車だったが、慣れない山道のこと。辛抱堪らず、自転車を降りた。押して歩く。
 上り坂の先に、粗末な板が横たわっている。あそこを越えると、すぐだ。
 奮起した。足早になる。
「ん?」
 板の向こう側に、真っ黒な塊が見えた。丸っこくて、ふさふさしていて、最初は猫だと思ったそうだ。
 しかし、近付くにつれ違和感が膨らむ。まず、毛足が長すぎた。第一、猫がなぜこんなところで丸くなっているのか。
「猫じゃない」
 猫じゃなかった。
 丸くて、黒い長い毛が生えた、それ。
 目玉が腐り落ち、眼窩がぽかり。唇も腐り落ち、真っ黒な口腔。前歯が一本もない。
「っく、く、くび、んなっ、生首だあぁあああ!」

 それからの確かな記憶が、警官にはなかった。気が付くと、髭の濃い男に抱えられていた。頬が、じんと痺れている。一発張られたようだった。
 落ち着きを取り戻した警官を伴い、村の青年達が総出で現場へと足を運んだ。
 制帽は板の橋の上で、ひしゃげていた。靴跡がくっきりと付いている。この辺で靴を履いている者はいない。警官自らが踏んだのか。
 自転車が、道の真ん中で倒れていた。
 皆が「首は、首は」と喧(やかま)しいなか、髭の濃い青年だけは、緊張した面持ちで辺りを注意深く見回す。
 板の橋の陰、草に隠すようにして、紙切れがあった。素早く拾う。鉛筆での走り書きがしてあるようだ。
 この髭の濃い男には、学がない。平仮名と片仮名と、ほんの僅かな簡単な漢字をやっと読める程度なのだが――。
 男は懐に紙片を隠し、素知らぬ振りで皆の後ろに戻る。
 警官が喚(わめ)く。
「ここに、生首ン有ったったい!」
 どこにもなかった。 

 寺の一部屋を借りて、男連中で警官を囲んだ。
 どんなに警官が生首のことを主張しても、実際にないものはないのだ。
 猫か狸、そのような獣を見間違えたということで場が収まった。
 まだ心瑤瑤(ようよう)としている警官が、口入れ屋からの情報を訥々(とつとつ)と語る。このために村を訪れたのだ。
【八重】は、大阪のとある商人の娘だった。娘といっても貰われ子の身の上で、知らぬは本人ばかり也(なり)という状況だったらしい。 
 しかし、女学校の中級で己の出生を知った八重は、家を出てしまう。義母と大きく揉めたことが原因らしいが、詳しいことは判っていなかった。
「不良者のごたる男と、一緒だったて。瓶底眼鏡ば掛けてから、暑か日にでん、口元まで首巻きば巻いとるような男で。その男がさせたとかもしれんばってん、八重は軽業(かるわざ)の真似事とか女給のごたる仕事ばしよったとか、妙(みょう)なか噂もある」
「そら、親はお上に訴えて、娘を取り返せば良かろ」
「いや、実は……八重の両親は揃って川に身投げして、死んだったい」
 皆が息を飲んだ。
「殺されたッじゃなかかて、言われとったらしか。ばってん二人揃っては、おかしかろ。それに跡取り娘を失って、かなり憔悴しとったごたるし」
 言うと、大仰に首を捻り、黙り込んだ。
 重い沈黙が、場を覆った。  
「ちょっと、よかろか?」
 学があると自負するあの年寄りが、長い間(ま)を破る。険しい顔をしていた。
「その八重に付いとった男は、もしかしたら兄者(あんじゃもん)じゃなかね」
 一同が顔を見合わせる。
 年寄りは、搾り出すように、続く言葉を発する。
「庄屋さまの息子ン子は、確か大阪に行っとったろ」
 それを聞いた村人皆が、すっと、同じ表情になった。
 警官だけが用心深そうに首を捻っていたが、思い切ったように喋りだした。
「口入れ屋が言うには、ある日、八重本人が尋ねてきて、庄屋さんの家に自分ば斡旋してくれろと、立派な紹介状を持ってから。で、この口入れ屋も馬鹿じゃなかけん、いろいろとこの八重て女のことば、調べたそうで。さっき話した内容は、そこからたい。ただ紹介状が、逆らえんお人からのもんで。怪しかと思いつつも言うとおりにしたごたる。この口入れ屋は大阪に居(お)るとばってん、庄屋さんとの縁が深からしか。なんでん、婆ちゃんがこの村出身らしかばい」
 そして少しの間、逡巡したが、再び口を開く。
「こるは、他からの聞込みでの話ばってん、八重を養女に出したとは、九州のとある偉か家だったてばい。赤ん坊の八重ば連れてきたとが九州訛りの酷か婆さんで、確か小さな山村で産婆ばしよったとか」
 皆が、一斉に顔を上げた。
「……畜生腹(ちくしょうばら)」
 警官と入れ替わるように、学があると自負する年寄りが、ぽつり。
「双子のこつたい。昔は酷く嫌いよったもんなぁ。庄屋様ともなれば、体面ば重んじなさるもんな。あんとき息子ン子ば残して、女(おなご)ば他所にやったったい」
 頷きながら、言い切った。
 頼りにしている年寄りに力強く断じられ、村人達の想像は禁忌を破った。
「大阪で会(お)うて、兄妹て判らんかったッばいな。恐ろしか」
 堰を切ったように、憶測を吐き出し始める。遠慮のない言葉の洪。
「兄妹で」
「父親(てておや)まで」
「外道たい」
「畜生たい」 
 髭の濃い青年だけは、その輪からそっと外れる。
「息子ン子と八重は、いっちょん似とらん」
 と、ひとり吐き捨てた。誰の耳にも届かない。
「なんね、なんね。みんな、なんば言いよるとね。そぎゃん恐ろしかことば。やめんね!」
 警官は展開についていけず、堪らず大声で制した。
 村人達は、ぴたりと黙る。
 そして警官のことを、憐れむように見つめた。髭の濃い青年だけが、目を伏せる。
「皆まで言うな、て」
 学のあると自負する老人が、呟いた。
 
 丁度、その頃。
 大人達が警官と、血相を変えて騒いでいたことは、すでに子供らの知るところであった。
 怖い目に遭ってもなお、群れているときは好奇心を抑えられない。麓に直接繋がるあの道で、村の外まで様子を見に行こうかどうしようか、小さな頭を悩ませていたのだ。
 ちりんちりん。
 そこへ、自転車がやって来た。
 昨日の、薄気味悪い大人が跨っていた。 
 子らを見止める。
「バイバイね」
 にぃっと歯を剥いて笑った。 
 昨日と同じく靴を履き、洋服を着ていた。
 振り返ったまま、器用に把手(ハンドル)を捌(さば)き、村を出て行った。
 昨日は夕暮れ。大きな眼鏡をかけて洋服の襟を立てていた、だから顔はよく見えなかった。
 だが、今は真昼間。しかも晴天。
 眼鏡をかけていた。襟も立てていた。
 だが、歯を剥いて笑った。
 子供の目にも、はっきりと映った。
 皆、わっと叫び、それぞれの家に向かって走っていった。

「お母ちゃん!」
 母と呼ばれたその女は、竈(かまど)掃除の手を止めた。顔を上げるよりも早く、遊びに行ったはずの息子が、胸に飛び込んできた。
 様子が変だ。
 不審に思い、問うより早く、
「昨日のお巡りさんが居(お)った。バイバイって言うて、村ば出てった!」
 叫ぶと、固く、しがみついた。
「笑ろうて、大きか歯が」
 母の胸に顔を埋めながらの言葉は、よく聞き取れなかった。
 女は問い返すことはせず、震える虎刈り頭を、そぅっと撫でる。
 この子は、首無し死体を二体とも見ているのだ。
 毎夜毎夜、魘(うな)されていた。悲鳴をあげる。逃れようと暴れる。母の細腕では抑えきれない。加えて父も抱きしめる。
 それでも幼子は、目を見開いたまま叫び続ける。夢から覚めることができない。叫び続ける。
 母親は瞼を強く閉じ、眼球に焼き付いた夜毎(よごと)の光景を振り払うべく、下唇を噛む。
 薄皮はいとも容易く破れ、真紅の珠がぽつりと浮かんだ。

 この日、髭の濃い青年が誰にも告げずに村を出た。老いた両親も何も知らされておらず、ただただ嘆くばかりだった。
 最後に彼を見たのは、麓の町に野菜を売りに出かけていた村人だ。
「駅の人ごみの中でばってん、女(おなご)と一緒だったばい。……んにゃ、女の顔は見えんかった」
 
 庄屋の家は廃されることとなり、村の総意で、学があると自負する例の年寄りを村長に据えた。
 この度の事件は、道ならぬ恋に悩んだ庄屋の息子が人生を悲観し、一家心中を試みた結果だと役人が決定づけた。
 庄屋と窯焚きと女中二名が焼死、庄屋の妻と八重が首を切られて死亡、犯人と思われる庄屋の息子は行方不明、自殺の疑い有りとのことだった。
 村人の誰からも、異論は出なかった。
 事件が、新聞に大きくは載らなかったことは幸いだった。騒ぎになることを好む者など、いないのだ。
 一部の年寄りだけに知らされた事実だが、庄屋の家で所蔵していた証券類、夫人の装身具等が持ち出されて、麓の町で換金されていた。
 どれも、最初の首なし死体が見つかる直前、庄屋の息子本人が父の代理を名乗り、行ったことらしい。逃走資金を作ったのだと、誰もが信じた。
 尚、二つの死体の首も、警官が見たという首も、今日(こんにち)まで見つかってはいない。

 こうして事件は幕引きされた。

 この年の晩秋、時の首相が東京駅乗車口で刺殺される。
 混沌とした時代であった。 
 
 
 
(ページ替)
【余談(みなまでいうな)】



 退屈を持て余して、このような書き物など。このような数奇な人生を記してみるのは、面白いことでしょう。
 まずは生まれが酷かった。
 物心ついたときには、すでに軽業の見世物に売られ、いろはひふみも知らぬ哀れな子供でございました。
 ところが、自分で言うのは面映(おもは)ゆいのですが、私は美しく育って参りました。露骨に言えば金持ちの狒々爺(ひひじじい)共が、主(あるじ)に私を売れと持ちかけてくるようになったのです。
 一人二人ではなかった様で、これは金になると、主は更なる価値を私に付けるため、読み書き手習いをさせ、その費用を狒々爺共から巻き上げることで、どいつが一番金離れが良いかを見極めているようでした。
 私も知恵が付いてくるにしたがって、このままでは面倒な事になると、察するようになりました。当時、九州の片田舎より遊学に来ていた、庄屋の総領息子と恋仲になっていたもので、主も狒々爺共も邪魔で邪魔で仕方がなくなった。
 そんなとき、あの商家の八重という娘に出会ったのです。お花のお師さんが、あの娘と同じだったことが縁でした。
 八重は、いささかロマンチシズムがすぎる娘で、私のことをお姉さまと呼び、恋人に接するがごとくで、いささか気色の悪いことでございました。
 その愚痴を恋仲の男に伝えると、すぅっと青褪(ざ)めて、八重のことを根掘り葉掘り聞いてくるではありませんか。
 尋常ではないその様子に、私も問い詰め返しました。すると、嗚呼、事実は小説よりも奇なりとはまさにこの事。八重は、この男の生き別れの双子だと。
 なんでも昔、村に流れてきた偉い占い師に、「双子が生まれるとお家が潰れる、と予言された」とかで、生まれてすぐに引き離されたと。確かに、この男と八重の顔立ちには非常な相似がありました。
 産婆一家に八重を預け、大金を与えて村から出し、当時の使用人も全て辞めさせたと、あの男は申しました。使用人に双子のことは伏せていたものの、気心が知れている者が傍にいると、心の弱い母親がいつ懺悔をしないとも限らぬので、その用心をしたという徹底ぶりだったようです。
 ここで、私の頭に、計画が閃いた。
 私は八重の気持ちを逆手に取り、彼女と同性愛(エス)の関係を持ちました。すぐに八重の家の知ることとなり、ことのついでに八重は、自分の出生を義母より告げられました。
 混乱する八重に、お前はどうせ跡取りの為だけに育てられた、あの両親にとっては家を継がせる道具にすぎないんだよと吹き込み、亀裂を決定的なものにしました。
 そして私と八重とで……雨降りの後の……川に……。この所業、何を隠そう八重本人が言い出したことです。家に帰るので迎えに来てくれと、育ての親達を人気(ひとけ)のない小さな橋の袂に呼び出したのは、八重の手になる文(ふみ)でした。
 あの二人を殺すつもりはなかったのですが、これで勢い付いたのは間違いありません。
「暫く身を隠し、官憲の目を逃れよう」と、とあるツテを使い、関東の人買いに八重を売りました。「大丈夫、私も一緒だよ。奉公先でまた会おう」と騙したのですが、生きていれば今頃どうしているでしょう。
 このときに手に入れたお金で、主の元から逃げました。あの男の決心がつくまで、暫くかかりましたが、逃げ切れたのは実に幸いです。
 男を焚き付け、私を「八重」と「妹」として、連れ帰るように仕向けること。これは手強かった。
 妹として連れ帰るのならば、私と一緒になれないのは明白。そこを私が主から逃げおおせるためには、どうしてもと説き伏せ、云(うん)を言わせたときには、心底胸を撫で下ろしたものです。
 庄屋に入ってからですが、最初は上手くいきました。両親共、娘を手放したことを、ずっと後悔しておったようです。特に、父親は全く似ていないにも拘(かかわ)らず、私を疑いませんでした。これは最後の最期まで、私の手で細引きで首を絞められ、絶命する瞬間まで信じていたことでしょう。
 ほつれは、私より少し年嵩の、噂好きな女がきっかけでした。庄屋が私を、何かにつけ傍に呼び寄せることに不潔な想像を逞しくしたのです。
 事或(ことあ)る毎(ごと)に私に当て擦りを言い、ついにお内儀(かみ)の耳にまで。
 安穏としていた私に、またも居場所がなくなる恐怖が降り掛かってきたのです。
 殺すつもりはありませんでした。なんとか言いくるめようとしたのですが、悍(おぞ)ましい妄想に取り憑かれたお内儀に襲い掛かられ、つい返り討ちにしてしまったのです。これは誓って、私の意図する所ではありませんでした。
 丁度、息子――あの男が留守をして、家の中にはお内儀の他に、庄屋、窯炊き、中年の女中、噂好きの女中、皆、ばらばらに居てくれたので助かりました。こうなったら、全部壊してしまうしかないのです。
 噂好きだけは、暫く生かして苛めて仕返しにしようと決めましたが、あとは何の罪もない可哀想な人達なので、一思いに絞め殺してあげました。
 男が帰ってきてから、お内儀に殺されそうになったことを告げますと、さもありなんという顔をして、「お前が無事でよかった」とだけ言われました。何か感じるものはあったのでしょう。
 私は「官憲は女一人でこれをやったとは信じてくれないでしょう、貴方に罪を被せられることがあっては」と、泣いて見せました。
 そしてあの女中だけ生かしている訳を、「これ以上の殺生はできないし、貴方に罪はないことの証人になってもらいましょう」と、でまかせを言いました。
 男は、面白いくらいよく言うことを訊きました。始末がしやすいよう死体を一纏めにさせ、母親の首を切らせ、私の着物を着せたその胴体を道祖神の裏まで運ばせました。これは「八重」という存在を消し、安全に逃げるためです。
 証券やいろいろなものを換金させるのには、気を遣いました。あまり一度に片付けると危険が伴います。早く村を出たいのはやまやまでしたが、ここが辛抱のしどころでした。男も、黙々と従ってくれました。
 その、肝心の男ですが、財産を換金させ終わった日。「さぁ、そろそろ逃げないか」と、振り返ろうとしたそのままの姿勢で、他ならぬ私に絞め殺されました。残念なことですが、犯人は「庄屋の息子」ということになってもらわないと、この先、私が困るのです。
 最後の支度です。お内儀を殺して、すでに半月が経っていました。全ての罪を被せるために、死体は誰のものか判らぬように、特に念入りに始末せねばなりません。
 それには頭を悩ませる必要はなく、屋敷もろとも焼くと決めていたのです。納屋には油が、たっぷりとありましたから。
 苛め殺そうと思っていたお喋り女ですが、これがなかなか死にません。ちょっと思いついたことがあったので、逃がしてやると嘘をつき、お内儀の着物に着かえさせました。そして首を絞めて殺しました。
 今度は私が首を切り、猫車で運んだ胴体を、寺の土塀に寄りかからせて晒したのです。前の死体だと歳を取りすぎていて、八重だとは思われなかったかもしれないという不安が、今さらながら湧いてきたのです。
 これで、八重は確実に殺されたのだと思わせられるだろうか。いや、それとも単純にお内儀が息子に殺されたと騒いで終わるのか。
 ところが、これはやり過ぎだったようで、まだ逃げる用意が終わらぬうちに、村人達が大挙してやって来ました。塀の外から、大勢の話し声と長い獲物が見えたときには、肝が冷えたものです。
 大慌てで、残った油を撒き散らし、火を点けました。庄屋親子の死体は特に油漬けにしていたので、大丈夫だとは思いましたが、気が気ではなかったです。
 現金などを入れた鞄と、二つの首を入れた木箱を背負い、襖に足指を掛け天井に潜り込みました。あれほど嫌だった軽業が、ここで役に立とうとは。
 そのまま逃げればよいものを、荒々しい気配に、ついうっかり頭を出してしまったのは運命(さだめ)でしょうか。
 棒を持った、髭の濃い男と眼が合いました。
 あの瞬間、私は死ぬ覚悟さえ決めました。そのうえでこの顔を見せつけたのです。この界隈で、これより美しい顔などあるはずがない。この男を虜にすることができるかと、賭けました。
 追ってきた彼が天板を突いたとき、私は逆さにそこから下がり、接吻をしてやりました。そのときの男の瞳といったら。私は賭けに勝ったのです。
 髭の濃いその男は、私の目と手になりました。首のない二体の死体を、村人達がどう論じたか、男を通じて知りました。
 しかしまだ弱い。
「八重の死」を確定させなければならない。そのためには、やはり「八重の首」を出さないとなりません。用心をし、変装には大阪で覚えた男装を使い、幼い子供を狙いました。しかし、これは上手く行かなかった。
 なので、考えていたもう一つの方法を取ることにし、髭の濃いあの男に頼みごとをしました。
 その夜、案の定、騒ぎになり、色めき立ったまではいいのですが、それだけでした。やはり「八重の首」を皆の前に転がさないと、「八重の死」は絶対ではない。天井裏で歯噛みしました。
 年寄りが、今日の出来事を警察に届けるよう提案したので、自然な流れであの男が村の外に出ることになったのですが、まさか警官が先に首を見付けることになろうとは。
 あれには参った。
 お喋り女の汚い前歯を全部叩き折って、「八重」の首としたものを。あの不器量な面(つら)を私のものとごまかすために、どれだけ工夫して崩したものか。ああ、思い出しても腹が立つ。
 あの男が「見付ける」前にその計画は潰(つい)えたので、その首はお内儀の首の待つ谷底に蹴り転がしてやりました。
 しかし、もう潮時だと悟っていました。
 もうこの村にいる理由もない。早く逃げ出すほうが得策だと。しかし首のことは、腹がたって収まらない。
 出ていくときに、また昨日の子供らに会いましたので、なんとなくやけっぱちな気分になり、大きな糸切り歯を剥き出しにして笑ってやりました。この歯のことを、親に告げる子はいただろうか。例え告げても、親が「八重」の特徴だと気づくか否か。思えば、馬鹿な事をしたものです。
 あの髭の濃い男を連れて出たのは、生き証人を野放しにするような真似をしないためですが、本人は、私と一緒になるのだと信じている。
 とことん醜い部分を曝していても、私という女は元来心根の優しい女だと思い込んでいるのです。とんだ愚か者です。
 私のこの告白は、書いてる傍からその男の目の前に広げ散らかしてあるのです。しかし、満足に字が読めないことの哀しさよ。
 ここを書いている今も、目の前で蜜柑を食べながら「おい、目の悪くなるばい」なんて言っているのですよ。本当に馬鹿で、魯鈍(ろどん)で、呆れるではありませんか。
 最初はこの悪戯も面白かったのですが、もう飽きました。
 そろそろ、もういいでしょう。彼にとっての救いは、愛しい私の手で死んでいく、と、いうことです。
 この愚か者は、いくら覗き込んでも、判りはしないく




Comment

No title

正直、改稿前のものを読んだ時は「九州弁(?)」が強く、
何となく察しながら読み進める感じでした。
今回は舞台を作り込む装置として方言を使いつつ、
さらに読みやすくなっていると思います。
まさにクロミミちゃんの本領発揮といったところ。
芳賀沼さんも、よろこぶと思います。
満足させていただきました。

読ませて下さってありがとう。

有川さん江。

ああ! コメント…コメントをありがとうございます!!
うわぁ…読んでいただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!!

改稿前にも『熊本弁チェック』をしてもらったのですが、何が問題と
いって、【チェッカーが全員熊本弁のネイティブ】ということでした!w
今回は、俯瞰の目、他人の目ということを意識してセルフチェックして
書き換えました。もうちょっと改稿の余地があると思いますが、
そうおっしゃっていただけて、ホッとしています。

お忙しい中、こちらまでご足労頂きましたこと感謝しております!!

No title

息が詰まる程の閉鎖的空間の裏にあるこの素晴らしく緻密な設定、トリック、大変素晴らしかったです!
何度読んでも面白い。何度でも読みたい作品です。

しかし私は少々察しが悪いところがあり、実は申し訳ないことに何度読んでもいくつもの伏線を回収しきれないままでした。

賛否両論あるでしょうが、私個人としては本編と解答編あっての本作品であると感じました。
読み手にああでもないこうでもないと考察させる、それこそがクロミミ嬢求めているものだと思います。
しかし、私はもっと安直に風呂敷を回収しており、解答編があってやっと「こんなに緻密な設定だったなんて!」と大変驚きました。

このようにクロミミ嬢が思い描く壮大な世界観が、読者には小さく思い描かれる場合を考えると、著者であるクロミミ嬢が作中に自ら紐解かずにいる事は勿体無い気がしました。

素晴らしい作品をありがとうございました。
電子書籍化を楽しみにしています。
(出すもの出しきったからあっちで感想書けないかもw)

まどりんさん江。

詳細な感想とご意見をありがとうございますッ!!

私的には、出題編だけで今の自分の実力での「真円」をキリリと
描いたつもりでした。しかし、まろだけではなく、他にも伏線回収
できないよーんっていうご意見を頂いておりまして、ちょっと自分の
実力不足(本当なら、出題部分だけで完成できるはずなんですw)
で、読者の方に消化不良をおこさせちまったなぁ…という後悔が
ありまして。解答編を公表した次第でございます。

賛否はありますでしょうが、これが今の私の全力です。

あとねーw 
小さな小ネタ的なものは、まだまだいくつか伏せてあるので、
探していただけると嬉しいですw やらしくでごめんwwwww

あちらへのコメントは、もういっそこちらのこれをコピペして
いただいても構いませんのよ?w お気遣い、ありがとうございます!
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。