お話の、あるところ。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹の子書房用 とよね

竹の子書房用【絵が先 古城の怪異】参加作品 古城の怪異〈6〉 著者:とよね

古城の怪異〈6〉 三章 晩夏――2/2

 8.果てしなき……

 百人の兵士が夜を燃やす。松明の炎が森にわけ入り、村になだれ込み、百万の生物の眠りと闇を赤く薙ぎ払う様子を、馬上の若く美しき双子が見ている。
 レグルスは背後から腕を回すポラリスの平静を感じている。怯えてはいない。そのこと自体に彼は不意に怯える。おれの後ろに居るのは誰かとレグルスは考える。
 おれは城を捨てる。幽閉された父と、野心家の母親、未来に統べるべきであった民と、豊かな生活と名誉を。罪深きことである。すべてを捨てて越える山の向こうに、何も知っているものがなかったら? 何もかもが違う――人間の世界ではなかったら。地獄、異形の者どもの、永劫の罰の世界であったら。
 そして彼は、ただ一つ選び取ったものを見ようとする。見て、それが、自分が知っているまま変わっていない事を確かめようとする。

竹の子書房用 とよね

竹の子書房用【絵が先 古城の怪異】参加作品 古城の怪異〈5〉 著者:とよね

古城の怪異〈5〉 『三章 晩夏』――1/2

 0.承前

 目を覚ます。
「ママ?」
 固いベッド。薄い毛布。起き上がった子供は混乱する。僕は――私は? 私? いいや、僕だ――僕は誰だ?
「ママ」
 空と窓とを隔てる木々が、強風にざわめく。木の葉の影が激しく揺れ動く。そうだ、この音で目を覚ました。木々の声、丈低き夏草のさざめきと、それを踏み分ける足音。
 ママが帰ってきた! やっと帰ってきたんだ!
 子供は部屋を飛び出す。
「ママ!」

読みきり作品 吉野慧

投稿作品『見えない花』 著者:吉野慧


 砂漠のような畑を耕す二、三人の男たちがいた。

どれだけ土を掘り返しても、肥料を加えてみても、なにかが育つとはとても思えないのである。
さらりとした肌触りの、寝転べば身体を包みこんで、深い土の下まで運んでくれそうな畑である。

どうして彼らは土地を育み続けるのか。

読みきり作品 吉野慧

投稿作品『骨』 著者:吉野慧


風が、とてもゆっくりと部屋の隅へと延びていく。
自分の場所がなくなるようで、なんだか窮屈な気持ちになった。

窓の外を眺めると、雨が忙しなく地面を叩きつけていた。
細かな粒が土を穿ち、埃を巻く光景は恐ろしかった。

竹の子書房用:黒実 操

【三面推理・名画の謎、解明か?・探偵Side】黒実操著


「あんまりこんなことは言いたくないんだが、若い人がそんなことではいけない」
 丸眼鏡の巡査が、ニコニコしながら耳に痛いことを言う。俺の記憶が正しければ、五回目のループだ。
何を隠そう、俺は駅員にこの交番へと突き出されてしまった。
 推理に熱中するあまり列車を乗り過ごしてしまった挙句、所持金では差額が払えず――駅員に持っていた小銭を取り上げられたが、全然足りなかったのだ。
プロフィール

黒実 操

Author:黒実 操
「竹の子書房」に参加中。
www.takenokoshobo.com/index.php
無償版電子書籍がたくさん!

管理人ツイッター
http://twitter.com/kuromimigen

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。